引越の片付けをスムーズに行う方法

しばらく使わない物からまとめる

引越で一番大変なことは、荷物をまとめることと、片付けることです。新居へ行ってから片付けをスムーズに行うためには、荷作りの仕方がポイントになります。まず一番最初は、しばらく使わない物から荷物をまとめます。例えば、暖かい時期の引越であれば、ストーブやこたつなどの暖房器具は、新居に行ってからもすぐには使いません。また、今現在の生活にも支障が出ないので、最初に片付けることができます。逆に毎日使う物は、当日にまとめます。

ダンボール箱の中身を明示する

荷物をまとめる時に大切なのは、そのダンボール箱に何が入っているか、分かりやすく明示することです。ダンボール箱を開けて、中身をチェックしながら片付けるのは、とても効率が悪く、時間もかかってしまいます。中身が何か分かれば、戸惑うことなく、新居に荷物を搬入することができます。ただダンボール箱に中身を明示するだけで、時間と手間を省くことができ、引越作業全体をスムーズに行うことができるので、重要なポイントとなります。

荷ほどきはプロに依頼するのも賢い手段

いつかやるから大丈夫、と考えていても、時間がたてばたつほど面倒になり、いつまでもダンボール箱が山積みの状態になってしまいます。そのため、できるだけ引越したらすぐに、荷物を片付けるようにします。仕事が忙しくて、まとまった時間をとるのが難しい人は、引越業者に荷ほどきも依頼することをおすすめします。追加料金はかかってしまう場合が多いですが、プロの仕事はスピードが早く的確なので、追加料金を払う価値が十分あります。

不用品の回収の業者を選ぶ際には、きっちりとした料金設定や実際に依頼した方の口コミなどを検討する事が大切です。

Related posts